広島みはらプリン特集 #2

特集

2月18日に発表された「広島みはらプリン」のプロジェクト。
「三原を応援する人やお店」が、「三原の食材」を一つ以上使って、「三原愛」をこめて作ったプリンが、次々と生み出されています。
三原をプリンで埋め尽くす勢いのこのプロジェクト。
まずは、第1回認定式で紹介された25品をこの特集で紹介します。

『空の駅オーチャード』のデザートプリンとデリカプリン

広島みはらプリン デリカ 400円

柔らかく煮たタコと神明鶏が入っていて、開封すると美味しそうな香りがひろがります。
生クリームを使ったプリンに包まれて、お皿に盛り付ければ前菜としてステキな一品になるでしょう。

広島みはらプリン デザート 350円

口溶け滑らかでレモンやはちみつの香りが広がります。
密閉容器に入ったこのプリンは日持ちがするので、宅配での贈り物にも、遠方へのお土産にも安心です。デリカプリンとセットでもどうぞ。

『ゑびす家』

三原のあ〜んプリン 佐木島の八朔入り 280円

八朔大福で有名な『ゑびす家』が作った、八朔と白あんの入ったプリン。
八朔のジュレの下にはプリン、その下からは八朔のコンポートと白あんが現れます。
八朔の苦味もちょっとプラスして、和と洋がうまく合わさったプリンです。

『jam cafe』

小西豆腐店の絹ごしプリン 450円(セットメニュー有)

小西豆腐店の美味しい絹豆腐の素材を活かし、牛乳とてんさい糖でシンプルに作られています。
豆腐の舌触りを感じるわりには大豆の味をあまり感じないので、豆乳が苦手な人にもおすすめできる体に優しいプリンです。
金曜日と土曜日のみの提供で、ドリンクとセットなら350円、ランチとセットなら250円とお得です。

『タニ・ヤ』

プリン・アレ?!・モード 400円

プリンには小西豆腐店の絹豆腐、トッピングに無農薬の野菜や果物を使ったちょっと変わった発想のプリンです。
ベースになるトッピングは黒蜜ときなこで、食べ進めると白玉が顔を出します。
現在のところイベントでの限定販売なので、三原市内のイベントは要チェックです。

これらはすべて実際に食べた個人の感想です。
販売店の情報等は、公式サイト「広島みはらプリン.JP」でご確認ください。

コロナ対策で通常の営業日・営業時間・営業内容と異なる場合があります。
ご利用の際は、電話、ホームページ、SNSなどでご確認ください。

関連記事

TOP