ポポロイルミネーション

ウナ セラ ディ ロンド

三原には、三原市芸術文化センターポポロ という施設がある。
主に、コンサートホールとしての活用が有名だが、最近は、地元の芸術家の紹介や、文化的な活動にも一段と力を入れていて、まさに「芸術文化センター」なのである。

そんなポポロの冬といえば、イルミネーション。

毎年恒例で、カップルや家族でわざわざ訪れる人も多いが、家路につく道すがら、横目に見ながらちょっと癒やされたり、ウォーキングの途中にテンションが上がったりと、市民からも愛されている。

イルミネーションの点灯時間中は、カフェロンドも営業中なので、店主は基本見に行くことができないのだが、先日、作品の搬出というもっともらしい理由にかこつけて早終いをし、ウキウキしながら駆けつけた。
日曜日の夜だったので、人出も少ないだろうと勝手に決めつけ臨んだ、孤独な店主。

甘かった。カップルや家族連れがたくさん。
ポポロイルミネーションの力をなめていた、孤独な店主。

しかし、ココで怯んでいてはいけない。

私はミハライター。

三原のファンの皆様に、この素晴らしさを伝える使命がある!と、店を出発したときには微塵も抱えていなかった使命感を胸に、イルミネーション会場に乗り込んだ。

会館の中に入ってみると、なんと美しい!
ホワイエにある中庭では、ピアノやハープなどの楽器がキラキラ光っている。
端から見れば、おっさんが一人でイルミネーションばりのキラキラした目をして夢中で写真を撮っているわけだが、幸い、おっさん自身には、その姿は見えない。

むしろ、このおっさんウキウキ撮影タイムは、三原のファンの皆様にお見せするための、崇高な行為なのである。

外に出てみると、私の崇高な行為を祝福するかのように、シャボン玉タイムがやってきて、無数のシャボン玉が、風にまかせてイルミネーションの上を飛んでいく。

一気にテンションがあがる。
大はしゃぎする子供たちに混ざって、おっさんも、夢中で撮影。

新調したばかりのGooglePixelを夜景モードにして、撮影。

私は最高についている。

来てよかった!

ありがとうポポロ!

ありがとうポポロイルミネーション!

さて、そんな最高の一枚を、
ポポロの公式インスタアカウント popolo_mihara をフォロー&タグ付けし、#ポポロ冬フォト2021イルミネーションをつけてInstagramで投稿すると、素敵な賞品が当たるかも!という企画をされています。
12/28までだそうなので、お早めに!
もちろん、店主も個人アカウントから応募しちゃいました(^^)

というわけで、
皆様、どうぞ良い新年をお迎えください。
来年も、よろしくお願いいたします!

ウナ セラ ディ ロンド

店で流している音楽のこと、個展やライブのこと、店主のこだわってないようで実はこだわっていそうな日々のこと。
ある夜のカフェロンドからお届けします。
カフェロンド
@caferondo_mihara

コロナ対策で通常の営業日・営業時間・営業内容と異なる場合があります。
ご利用の際は、電話、ホームページ、SNSなどでご確認ください。

関連記事

TOP